SpaceX社,Falcon HeavyロケットでArabsat-6A通信衛星を打上げ。ブースタ2機とコアステージに加えてフェアリングも海面から回収

SpaceNews(4/11) Spaceflightnow(4/12)
Arabsat社は衛星寿命を15年以上に伸ばすためにFalcon 9ではなくFalcon Heavyを選択。遠地点高度90,000km, 軌道傾斜角23度のスーパーシンクロナス軌道に投入され、衛星寿命は18~20年。

・打上げタイムライン:Spaceflightnow(4/10)

前回のFH初号機ではエンジン着火不良によりコアステージの回収に失敗したが、今回は全ブースタステージの回収に成功。また、フェアリングは、これまで船に張った網による回収を試行していたが、今回は海面に軟着陸したフェアリングを回収。このフェアリングは今年の同社Starlink衛星打上げに利用予定。従来海面に漬かることによる再整備を回避するために網による回収を試行していたが、軟着陸させることで再整備規模が小さくなる見通しがついた。Musk氏によれば、フェアリングは約$6Mで、打ち上げコストの約10%を占める。残りは、1段が約60%(約$36M)、2段が約20%(約$12M)、運用や推進薬が残りの10%(約$6M)。

ロシアGlavkosmos社,ILS社を吸収合併

SpaceNews(4/12)
Glavkosmos社はSoyuzロケットの打上げ輸送サービスを販売しているRoscosmosの子会社。ILS社は今後Glavkosmos社の北米担当会社として継続する。
ILS社は2008年から2018年までの平均で年9機のProtonロケットを打上げてきたが、2018年にILSの打上げはなく、2019年も1機のみが計画されている。一方、Soyuzの販売はGlavkosmos社とArianespace社により好調。

Bryce Space and Technology社によれば、2018年の宇宙関連スタートアップへの投資は過去最高の$3.2B

SpaceNews(4/10)
最大は Jeff Bezos 氏によるBlue Origin社への$750Mの投資。また、SpaceX社への3回の投資もそれぞれ$200Mを超えていると推定されている。

Rocket Lab社,自社製小型衛星バスPhotonを公開

SpaceNews(4/8)
同社のElectronロケット用キックステージをベースに開発。同社では、打ち上げから衛星運用までを含むEnd-to-Endサービスを検討しており、Photonはその一部。
Photonバスは170kgのペイロードを搭載可能で、1回のElectronロケットの打ち上げで1機のPhotonを打ち上げる。初号機は2020年以降。

ULA社,Vulcanロケット用機器をAtlas Vで先行実証する計画

SpaceNews(4/8)
まず、2019年に、Ruag社の新型フェアリング(Out of autoclave製法で製造)をAtlas Vに採用。また、2020年には、Vulcan用補助ブースタGEM-63XLの短縮版であるGEM-63を適用。