USAF,ULA社に2020年分のAtlas V打上げ作業を$98.5Mで発注

SpaceNews(10/1)
3機のロケットの打上げ費用(ロケット本体はEELV Phase 1で調達されているので含まない)。これまではELC(EELV Launch Capability arrangement)でコストプラスで契約されていたが、ELCが2019年で終了することに伴い、同等の2020年分の作業を契約するもので、completion contractという名前がついた。なお、EELV Phase 1で調達されたAtlas Vはこれで全てだが、Phase 1Aで更に6機が調達されている。

中国のロケットベンチャー企業の状況

SpaceNews(10/1)

  • Glactic Energy社:2段エンジンの燃焼試験に成功
  • Space Trek社:サブオービタルロケットを近く打上げ
  • Beijing Deep Blue Aerospace Technology社:LOX/ケロシンエンジンの燃焼室単体燃焼試験に成功

USAF,最後の5機のDelta 4 Heavyの打上げ作業を$1.18BでULA社に発注

SpaceNews(9/30)
機体はLaunch Vehicle Production Services (LVPS)で調達済であり、今回契約したのはLaunch Operations Support (LOPS)。射場インフラ維持、射点維持整備、管制作業契約会社への発注作業、衛星結合・推進薬充填作業、などが含まれる。

NASA,探査用技術開発契約締結先14社を発表

SpaceNews(9/28)
総額$43.2M。主要な契約先は以下。

  • Blue Origin($10M):水素酸素液化装置地上試験
  • SpaceX($3M):軌道上推進薬補給用カップリング試作
  • Accion Systems($3.9M):Cubesat用推進系
  • CU Aerospace($1.7M):同上
  • ExoTerra Resource($2M):同上(ソーラー電気推進)
  • Astrobotic($2M):小型ローバ開発
  • Intuitive Machines($1.3M):画像処理装置

Rocket Lab社,米国射場の完成間近

SpaceNews(9/28)
Wallops島に建設中。ニュージーランド射点とほぼ同じもの。射点の他に、4機のロケットを整備できる整備棟やペイロード準備用のクリーンルーム2室を備える。2020年初めにElectronロケットを打ち上げ予定。
当面、米国からの打上げを要求する米政府機関向けに利用する。