NGC社,PegasusロケットでNASAのICON衛星を打上げ

SpaceNews(10/11) Spaceflightnow(10/11)
2017年に打ち上げる予定だったがロケット側のトラブルで延期が続いていたもの。Pegasusロケットのバックログはなく、同社は組立中のロケット2機を保有している(Stratolaunch社向けに製造を開始したも)ものの、現在のところ使用予定はなく、政府関係機関に売り込み中。

関連記事:Spaceflightnow(10/10)

衛星製造メーカ,小型衛星のミッション保証のやり方を試行錯誤中

SpaceNews(10/10)
SSL社は当初小型衛星チームにミッション保証のメンバーを含めなかったがそれではうまくいかなかったとのこと。各社ともコストとのバランスの取り方を試行錯誤している。

ILS社,ProtonロケットでNGC社の衛星サービスミッションMEV-1とEutelsat社のEutelsat 5 West B衛星を打上げ

SpaceNews(10/9)
MEV-1は世界初の軌道上サービス衛星。打上げから18年経ったIntelsat-901にドッキングして衛星寿命を5年延長する計画。3.5ヶ月かけて電気推進でGEOに到達してドッキングした後、墓場軌道に移動して試験を行い、その後、GEOに復帰する計画。

Boeing社,Virgin Galactic社に$20M出資

SpaceNews(10/8)
同社のCVCであるBoeing HorizonXを通じて出資。出資比率は1%強になる見通し。出資目的の詳細は公表されていないが、二地点間高速飛行に関連したものではないかと推測。HorizonXは2月に超音速ビジネスジェットを開発するAerion社にも出資している。