有人宇宙

SpaceX社,Crew Dragonのアボート用Super Dracoスラスタ燃焼試験を実施

SpaceNews(11/14) 4/20の爆発事故から約7ヶ月で再開。

Boeing, Starlinerのパッドアボート試験を実施。パラシュートのひとつが開かなかったが試験は成功と発表

SpaceNews(11/4)

SpaceX社,Crew Dragon用パラシュート試験に13回連続で成功したと発表

SpaceNews(11/3)

NASA,初の女性宇宙飛行士のみでのEVA作業をISSで実施

SpaceNews(10/18)

NASA,Soyuzの座席を更に一つ購入することを検討中

SpaceNews(10/11)

NASA高官,SLS初号機は2021年半ばまでずれる可能性があると示唆

SpaceNews(10/11)

Boeing社/SpaceX社の有人飛行に向けた最新計画

SpaceNews(10/9) Boeing:パッドアボート11/4,無人試験飛行12/17 SpaceX:インフライトアボート10/末~11/初,有人試験飛行用機体整備完了12/半

NASA,Artemisミッション用宇宙服 xEVAのRFIを発出

NASA Spaceflight(10/4) xEVAはNASA Exploration Extravehicular Activity (xEVA)の略。

Blue Origin社,年内の有人New Shepard打上げはできない可能性が高い見通し

SpaceNews(10/2)

ISSパートナー国,Gatewayの見直し後計画を支持

SpaceNews(8/30) ISS参加主要5カ国である、カナダ、欧州、日本、ロシア、米国の協議機関であるMCBでの結論。 先行して構築するPPE(Maxar社)とHALO (Habitation and Logistics Outpost, NGC社)は米国が製造するが、カナダはCanadarm3ロボットアームの開発を開…

無人Soyuz飛行船,ISSへの自動ドッキングに失敗。搭乗員のコマンドでアボート

SpaceNews(8/24) ロシアのフライトコントローラによれば、問題はISS側のKurs自動ドッキングシステムにある模様。対策後に再度ドッキング予定。なお、このSoyuzの操縦席にはヒューマノイド型ロボットSkybot F-850が搭載されており、飛行中の各種環境を計測す…

Boeing社とSpaceX社,この秋にCommercial Crewの試験飛行を実施予定

SpaceNews(8/20) Boeing社は無人試験飛行とインフライトアボート試験を実施予定。SpaceX社はインフライトアボート試験を実施し、可能であれば、今年中に有人試験飛行を実施予定。

NASA,ISSに結合されているBigelow社のBEAMモジュールを2020年代末まで維持する計画

SpaceNews(8/12) 3年前に試験用モジュールとして結合されたが、軌道上での機能性能が期待を上回っており、2028年までISSに結合しておくことが可能との結論を得た。

NASA, Orion初号機の米国と欧州モジュールの結合完了、試験は継続

Spaceflightnow(7/22)

NASA,Apollo 11号50周年にあわせてOrionの開発状況を発表

SpaceNews(7/20)

中国, Tiangong-2宇宙船を制御再突入により南太平洋に落下

SpaceNews(7/19) 先代のTiangong-1は2018年4月に非制御再突入していた。次の中国版宇宙ステーションの打上げは2018年から開始予定だったが、2017年7月の長征5ロケットの失敗に伴い延期されている。関係者によれば、今年中にリハーサルを行い、来年には長征5B…

SpaceX社,Crew Dragon爆発事故の原因を発表

SpaceNews(7/15) SpaceX said the most likely cause of the explosion was when a “leaking component” allowed nitrogen tetroxide (NTO) oxidizer into helium tubes during processing. When the system was pressurized just before the planned igniti…

Bigelow社,商業ISS有人輸送計画を発表。CrewDragonを利用して一人$52M

Spaceflightnow(6/14) 4フライト分の前金をSpaceX社に支払い済。

中国/UNOOSA,中国の宇宙ステーションで実施する実験候補を選定

SpaceNews(6/13) 6つの実験は確定し、3つは条件付き。申し込みは27の国から42個提案された。選定された実験に関わっている国は、ベルギー、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ケニア、オランダ、ノルウェー、メキシコ、ポーランド、ペルー、…

米大統領,NASAは月探査の次のステップとして有人火星探査を真剣に検討すべきと発言

SpaceNews(6/8) SpaceNews(6/7)

NASA,Boeing社のStarlinerプログラムは順調に進捗中と報告

NASA Spaceflight(5/31) 構造試験を完了。推進系システム燃焼試験も、昨年6月のヒドラジン漏洩以降、AR社が推進系システムに設計変更を行ったうえで再試験を行って完了。 8月以降の飛行試験(Orbital Flight Test(OFT))に向けて順調に進捗中。

Crew Dragon爆発事故の調査は継続中

SpaceNews(5/29) 現時点原因は調査中。破壊された機体(Demo-1でISSに飛行した機体)はインフライトアボート試験に使用する予定だったため、そのあとの機体を1機ずつ繰り上げて、Demo-2用をアボート試験用に、運用1号機用をDemo-2用に使用予定。

NASA/SpaceX社, Crew Dragon用パラシュートが先月の試験でトラブルが発生したことを公表

SpaceNews(5/9) Spaceflightnow(5/9) 1故障模擬試験として4つのパラシュートのうち1つを作動させない試験を行った際、残りの3つが計画通りに開かず、想定より速い速度で着地した。なお、1故障模擬試験は過去にも5回実施しているが、これらはいずれも正常に完…

調査委,Crew Dragonの試験中事故の調査には時間がかかる見通しと発表

SpaceNews(4/25) Spaceflightnow(4/25) 機体が爆発したとみられる事故はインフライトアボート試験に向けたSuperDracoスラスタの燃焼試験時に発生したが、詳細は開示されていない。 4/30に予定されている貨物用Dragonの打上げは計画通り実施される予定(SpaceN…

SpaceX社,Crew Dragon用のSuper Dracoスラスタ燃焼試験でトラブル

SpaceNews(4/20) 使用していた機体は発表されていないが、無人試験飛行に使用された機体と推測されている。同社は、この機体をインフライトアボート試験に使用する予定。

NASA,Boeing社CST-100 Starliner有人試験飛行のISS滞在を数ヶ月に延長することを承認

SpaceNews(4/4)

Boeing社,CST-100の試験飛行の延期を発表

SpaceNews(4/3) Atlas V用射点の他ミッション(AEHF 5軍事通信衛星)との競合により、無人試験飛行は8月に延期。これにより、有人試験飛行は今年後半になる見通し。

CrewDragonの有人試験飛行までの残作業

SpaceNews(3/21)

Boeing社,SLS EM-1のエンジン部艤装作業を完了

NASA Spaceflight(3/21)

SpaceX社,Crew Dragon DM-1ミッションのISSからの帰還を完了

SpaceNews(3/8) Spaceflightnow(3/8)