業界

Rocket Lab社,Electron 10号機の1段にステージ回収用アップグレード機体を適用

NASA Spaceflight(11/28) アップグレード内容は、RCS搭載、回収用G&N機器搭載、など。なお、回収用パラフォイールを10号機で試験するかどうかは未公表。また、今回は新規搭載機器のデータ取得のみで回収自体は試行しない。

仏スタートアップThrustMe社,自社の推進装置を中国の小型衛星に搭載して軌道上実証を早期実現

SpaceNews(11/25) SpaceNews(11/23) 同社のI2T5コールドガススラスタを搭載。電気推進装置開発のスピンオフ製品で電気推進ほどの推進装置を必要としないCubesatへの適用を想定。

現状の3Dプリント技術に対する評価

SpaceNews(11/21) 短期間での試作には良いが、量産適用には、コストが下がりにくい、検査に課題がある、など、課題が多いという認識で各社一致。

ITU, WRC2019でGSO以外のコンステレーションプログラムでの周波数帯権利条件で一致

SpaceNews(11/21) 権利申請から7年後を起点に、2年以内に10%を打上げ、5年以内に50%を打上げ、7年以内に100%を打ち上げることを条件とする。このマイルストーンを満足できなかった場合は打上げた数に比例させた限定された周波数占有権が付与される。 これに…

伊D-Orbit社,SAR衛星によるインフラモニタリング衛星を2.5年以内に運用開始と発表

SpaceNews(11/21) コンソーシアムを組んで対応。D-Orbit社のIon cubesat carrierをバスに使用する予定。

Capella Space社,USAFから同社のSARを軍用に適用する契約を$750kで受注

SpaceNews(11/21) SBIRの一部

Planet社,米軍及び情報機関は民間の低コスト衛星画像を従来画像の補完用にもっと使用すべきと議員に主張

SpaceNews(11/20)

ULA社,Vulcanのアップグレード計画の時間軸不透明に?

SpaceNews(11/20) Vulcan Centaur初号機が2021年に打上げられた後、当初は2023年にも上段をACESで置き換える計画としていたが、最近は時期を明記していない。

SpaceX社のLEO rideshareプログラムが小型衛星仕様を変える可能性がある

SpaceNews(11/20) SpaceX社のRideshareは200kgまでの衛星を$1MでLEOに輸送するので、目的軌道までいくより、このRideshareを使ってLEOに行ってからIn-space propulsionを使って目的軌道に行く方がコストが下がる。

OHB社,自社製小型ロケットを自社費用で開発すると説明。2021年に初号機

SpaceNews(11/20)

SNC社,Dream Chaser Cargo ModuleをShooting Starと命名

NASA Spaceflight(11/19) Dream Chaserの後ろに結合されるバーシングポートや太陽電池パドルが搭載されるモジュール。再突入前に切り離して廃棄されることからこの名前になった。

China Satcom社,ChinaSat-18の電源系不具合で全額を保険求償

SpaceNews(11/19) 求償額は$250Mと推定されている。今年の大型求償は本件とFalcon Eye-1の打上げ失敗の$415Mがあり、これだけで業界の保険料収入を超過する見通し。

NASA, CLPSプログラムに追加5社を選定

SpaceNews(11/18) 追加は、Blue Origin, Ceres Robotics, SNC, SpaceX, Tyvak Nano-Satellite Systems。合計14社。 少ない契約に対して選定社数が多すぎるとの声もあり(SpaceNews(11/21))。

LeoSat社,ファンドレイズできず事業休止

SpaceNews(11/13) シードファンドに資金を提供したHispasatとSky Perfect JsatはシリーズA ($50M)には応募しなかった。両社の経営陣の変更の影響とみられる。継続して出資者を探すものの、全従業員を解雇して事業は休止した。

Telesat社,LEOコンステのメーカ選定を来年に持ち越し

SpaceNews(11/8)

Boeing社,CST-100パッドアボート試験でのパラシュート不具合は結合ピンの装着ミスと発表

SpaceNews(11/7) パイロットパラシュートとメインパラシュートをつなぐピンの1つが適切に装着されていなかったため、3つのメインパラシュートのうち1つが展開されなかった。クローズアウト時の写真記録の確認により判明。

USAF,Small Business Innovation Research Fundingとして30社に合計$22.5Mを資金供与

SpaceNews(11/7) ピッチ内容により3段階にランク分け。

SpaceX社Musk CEO,USAFのSpace Pitch DayでStarshipで完全再使用型宇宙輸送手段を実現する必要性を語る

SpaceNews(11/5)

Maxar社,経営改革状況を説明

SpaceNews(11/4) 同社は、旧SSL社のカリフォルニア州Palo Altoの資産をセール&リースバックすることでキャッシュを確保するなど、$3.13Bの長期債務の圧縮に動いている。 一方、新規GEO衛星の受注の最終調整段階にあるなど、受注回復の兆しも見え始めた。 ま…

Eutelsat社,10%の人員削減などのコスト削減を計画

SpaceNews(10/31) 1000人の従業員のうち100人の解雇、給料の凍結、新規採用の中断、など。

SpaceX社,Starship Mk1をBoca Chica射点に輸送

NASA Spaceflight(10/30)

ArianeGroup社,ブレーメンのAriane 6上段ステージ組立工場を公開

ArianeGroupプレスリリース(10/29)

Eutelsat社,TAS社と全電気推進静止衛星Eutelsat-10Bの発注で合意

SpaceNews(10/29) アンカーカスタマーは航空機内通信サービスのGogo。

Vector社の業務停止でUSAF契約を確保し脚光を浴びている小型打上げサービス会社Aevumの解説

SpaceNews(10/29)

Eutelsat社,静止衛星を使ったIoT通信サービスを開始すると発表

SpaceNews(10/28) サービス名は"IoT First"。来年度から展開予定の25機のLEO小型衛星コンステレーションとホステッドペイロードによるサービス"Eutelsat LEO for Objects"に先立って提供する。大量のデータ通信を必要とする大規模設備はIoT Firstを提供し、…

MHI,H3ロケットの発展構想をIACで発表

SpaceNews(10/25) LRBを装着したH3 Heavy形態の構想。

Firefly社,Aerojet Rocketdyneとの協業でエンジンの噴射器をAM化

SpaceNews(10/25)

Virgin Orbit社,LauncherOneに3段ステージを追加する形態を検討中

SpaceNews(10/24) 小型惑星探査機への適用を想定。エンジンを選定中。

中国iSpace社,第2世代のHyperbola-2ロケットの試験機を2021年に打ち上げる計画と発表

SpaceNews(10/24)

ispace社,2021年の月着陸ミッションに向けて計画通り進捗中

SpaceNews(10/24)