業界

SpaceX社,今年に入って新たに$1B以上の資金を調達

SpaceNews(5/24) 最初のラウンドで$486.2M、2回目で$535.7Mを調達。

Boeing社,CST-100 Starlinerの推進系開発試験を完了

SpaceNews(5/24)

SpaceX社, Starlink衛星60機をFalcon 9ロケットで打上げ

SpaceNews(5/23) NASA Spaceflight(5/23) 衛星は227kgで打ち上げ時総質量13.6ton。分離後に電気推進で高度550kmの運用軌道に向かう。ブースタは3回目のフライトで、回収にも成功。

Amazon社,地上局事業AWS Ground Stationを2局で開始

SpaceNews(5/23) 全12局で衛星との通信サービスを運用予定で、そのうち2機の運用を開始。初期顧客はCapella Space, Spire, DigitalGlobe, Myriota, D-Orbit, NSLComm, Open Cosmos, TAS。

Viasat社,USAFのLink 16用LEO衛星の研究開発契約を受注

SpaceNews(5/22) Link 16の通信距離拡大のためのAFRLによる研究開発。

SpaceX社,連邦裁判所にLSA選定に対する抗議を提出

SpaceNews(5/22) ULA社と、同社のVulcan ロケットの主要コンポーネントを製造する2社であるBlue Origin (BE-4エンジン)とNorthrop Grummanを選定しており、ULAに有利なバイアスがかかっていると主張。

Tethers Unlimited社,LEO衛星への衛星サービス機を開発中

SpaceNews(5/21)

EchoStar社,衛星TV放送事業をDish Networks社に$800Mで売却

SpaceNews(5/20) 事業をブロードバンドインターネット接続サービスに集約するため。売却される事業には、9機の衛星や軌道上スロットの権利も含まれる。

SpaceX社, Starshipの単体での軌道への打上げをKSC Pad 39Aから実施することを検討中の模様

NASA Spaceflight(5/17) Starshipは最終的にはSuper Heavyブースタの上段ステージとして使用される計画だが、単体でも軌道到達能力を持つため、試験期間には単体でKSCから打ち上げることを検討中の模様。なお、現在Starship試験機はBoca Chicaの同社射点で飛…

SpaceX社,Falcon 9ロケットによるStalink衛星の打上げを衛星ソフトウェア更新と検証のために来週に延期

Spaceflightnow(5/17)

中国Landspace社,推力80tonf LOX/メタンエンジンTianque-12の製造を完了。燃焼試験は6月開始予定

SpaceNews(5/16) 同社が開発中のZhuque-2ロケット用。ロケットは2020年に試験飛行予定で、英国のOpen Cosmos社及びD-Orbit社と同ロケットによる打上げを合意。

Elon Musk CEO,SpaceX社 Starlinkの概要を説明

SpaceNews(5/15) Spaceflightnow(5/15) Starlinkが事業的に成立するのは1000機打上げ時点とのこと。FCC申請では最大12000機となっているが、これは「非常に成功した場合」とのこと。 また、400機時点(7回の打上げ)で限定的な運用が可能で、24回の打上げ後に…

Inmarsat社の株主,投資ファンドによる買収を了承

SpaceNews(5/11) 買収額は$3.3Bで、支払方法は全額キャッシュ。

Avio社,ESAからVega Cの調達保証も受けたことを発表

SpaceNews(5/10)

ULA社,Delta IV HeavyによるNRO衛星打上げを$149Mで受注

SpaceNews(5/9)

Blue Origin社,月着陸機Blue Moonを発表

SpaceNews(5/9) Spaceflightnow(5/9) 3.6tonの貨物を月面に輸送可能で、ストレッチタンク仕様では6.5tonを輸送可能。機体最上部にペイロードを月面におろすためのクレーンを装備。設計検討は現在概念検討レベル。2023年初号機を目指す。 エンジンはLOX/LH2の…

Telesat社,LEOコンステレーションプランを説明

SpaceNews(5/9) 月産20~25機を想定し、製造メーカには、自社負担で米国かカナダに専用工場を建設することを期待。候補社であるAirbus DSとTaxar/TASはいずれもこの条件を喜んで受け入れると説明。 各衛星は4つの衛星間リンクと2つのスラスタと複数のフェー…

Boeing社,航空機搭載用フラットパネルフェーズドアレイアンテナを開発完了、来年から軍用に販売

SpaceNews(5/8)

GEO小型衛星の状況

SpaceNews(5/7) Ovzon社,Astranis社,GapSat社の状況。

SpaceX社,Starlink衛星のデモ機数十機を5/15に打ち上げ予定

SpaceNews(5/7) デモ用衛星で衛星間通信機能が搭載されていない。この結果により、運用機は、今年中に2~6回の打上げを予定。

USAF LSP Phase 2の内容についてのULA社見解

SpaceNews(5/7)

マレーシアMeasat社,2機の既存衛星を1機の新衛星で置き換える計画ことを発表

SpaceNews(5/6)

Airbus社,米軍のLEOコンステレーションに注目

SpaceNews(5/6) OneWeb衛星用工場の活用を想定。現在DARPAから小型衛星バス開発のBlackjackプログラムを受注しており、これを足掛かりに米国政府市場に参入したい考え。

Relativity社,Spaceflight社から打上げ契約を受注

SpaceNews(5/6) 2021年3QにTerran 1ロケットでの相乗り打上げ。

Telesat社,LEOコンステレーションの最終提案を今夏に受領予定

SpaceNews(5/2) Airbus DS社とMaxar社/TAS社のチームの2組が現在概念検討契約に基づいてシステム検討中。

SpaceX社,Crew Dragon試験の事故の追加詳細を発表

SpaceNews(5/2) 事故はSuperDracoスラスタの着火直前に発生し、機体は破壊された。原因は依然調査中。

軌道上クラウドデータ保管サービスを検討中のCloud Constellation社,10機の衛星製造メーカとしてLeoStella社を選定

SpaceNews(5/2) LeoStella社はThales Alenia Space社とSpaceflight社のJVで、Northrop Grumman社との入札で勝利。衛星質量は250kgでNGC社より小型。この入札結果により衛星配置の総費用は$480Mから$350Mに下がった。打上げロケットはVega-Cが第一候補。

Intelsat社,Intelsat 29eの故障原因を調査中。代替衛星は未定。損失収入は$45M~$50M/年

SpaceNews(4/30) Intelsat社は同衛星に保険をかけておらず、衛星喪失に伴い$400Mの減損処理をする予定。また、同社では軌道上衛星の大半に保険をかけない方針の再検討も行う予定。

SNC社,Dream Chaser 貨物輸送機の開発を順調に推進中

NASA Spaceflight(4/25) ISSからの貨物回収では(海面ではなく)滑走路に帰還できることは短期間での試料へのアクセスにつながるためメリットになる。

Northrop Grumman社幹部,Orbital ATK社の買収効果は計画通り刈り取り中と説明

SpaceNews(4/24)