論説

NRC社,世界の小型ロケット開発状況の定期的な整理結果をIACで発表

SpaceNews(10/24) 148個のプロジェクトのうち飛行に成功したのは8個(米国3,中国5)しており41個は現在進行中。前回の整理以降23個のプロジェクトがキャンセルされたが新たに生まれたプロジェクトの方が多い。また、歴史的に見ると小型ロケット開発費は$200±50…

中国小型ロケット開発のLandSpace社訪問レポート

The Space Review(9/3) コメント 工場やエンジンの写真もあります。

Delta IV Heavyの打ち上げ契約価格についての考察

SpaceNews(5/14) 先週公開された$149Mは通常認識されている価格($350M程度)に対して低すぎるというコメントが出ているが、今回の契約は機体製造分の契約であり、総額ではないことの説明。関係者の情報ではDelta IV Heavyの最新の価格は$300M弱とのこと。

NGIS社,AtlasVロケット用GEM63固体モータの燃焼試験を実施

The Space Review(2/11) 旧Orbital ATK社は、現行のAtlas Vに使われているAerojet Rocketdyne社のAJ-60Aの$5Mに対して約40%のコストダウンを提示して切替契約を獲得している。また、同社は引き続きモータケースを延長したVulcanロケット用GEM63XLも開発予定…

5G移行が衛星通信に与える影響について

SpaceNews(10/1) 5Gの遅延時間要求は満たせないものの、5G地上網ではカバーできない遠隔地へのバックホールとしての役割は果たすと考えられるほか、航空機や船舶などの移動体への通信手段は従来通り衛星通信が提供すると予想される。

DARPA 60周年

The Space Review(9/10)

SpaceX社BFR構想に至る歴史

NASA Spaceflight(8/9) コメント 10ページ分あります

欧州,ロケットの再使用化に前向きの姿勢に徐々に転換中

AviationWeek(4/23)

デブリ除去事業を提案する会社の整理

SpaceNews(4/18) 記事に取り上げられている会社 RemoveDEBRIS Astroscale CleanSpace One E.Deorbit Brane Craft このうち Astroscale はコンステレーションの故障衛星に対するデオービットサービス提供から事業化する計画、e.Deorbitは軌道上サービス機を兼…

ロシア宇宙産業の状況

Spacewatch.global (3/22〜26) Spacewatch.global誌による連載記事 Part III (3/26) Part II (3/23) Part I (3/22)

ブロードバンド時代のコンステレーション構想による影響

SpaceNews(3/13) SpaceNews社の論説記事 コメント まだ読めてませんが

新EELV,特に,Orbital ATK社のNGLロケットについての考察

The Space Review(2/5) OrbitalATK社では、再使用化できないNGLの1段ブースタの弱点を補えるだけのコストを下げるべく、既存の工場・人員・射場設備の流用を前提としている。

米軍の宇宙関連支出は7年間で40%減少

SpaceNews(1/22) 2009年の$10Bから2016年の$6Bに減少。特にR&Dは$6Bから$3Bに半減。なお、2013年にEELVの調達をロケット調達から打上げ輸送サービス調達に変更したことで、サービス調達の比率が上昇。また、予算縮減の影響を受けて、宇宙関連ベンダーの数は7…

新EELV開発に向けた各社の提案状況

AviationWeek(1/9) Orbital ATK社NGL:固体1/2段+極低温上段ステージ。ブースタ燃焼試験は2019年、初号機2021年。1段はCastor 600,2段はCastor 300で、固体補助ブースタとしてGEM-63XLを最大6本追加可能。C600/300はシャトルSRBからの派生開発。上段エンジン…

中国のインドネシアからの通信衛星受注に見る同国の宇宙事業について

AviationWeek(7/7) Opinion記事。従来北米や欧州から衛星を調達していたインドネシアがHTS衛星を中国から調達することに決めたのは、ファイナンスパッケージの提案によるもので、欧米のメーカーも競争力を維持するには手を打つ必要がある。

小型衛星及び小型ロケット市場のリスクと機会

AviationWeek(7/13) AviationWeek(7/13) 【概要】多くのベンチャーが通信とリモセンの分野で新しいビジネスを立ち上げようとしており、旧来の会社も自社事業やJV構築で小型衛星をターゲットとしたサービスを立ち上げつつあるが、過去の経験からコストを甘く…

SpaceX社が有人打上げを実行するまでの課題

AviationWeek(2/2) LOXタンク内気蓄器、および、クルー搭乗後に推進薬を充填するプロセスの問題を踏まえ、NASAの上級マネージャの中には課題解決までの道のりを「崖」のようだと表現する人もいる。

Cubesatの将来性についての論説

Space Review(8/22)

Atlas V Centaur の有人仕様化の歴史

Space Review(8/22)

SpaceX社の打上げマニフェストの実現状況の整理

AmericaSpace(6/13) SpaceX社は現在打上げマニフェストを公開していませんが、過去の公開データやプレスリリースから、当初発表に対する遅延の度合いを整理しています。 コメント 実際にやってことがある人は分かる通り、この作業はかなり面倒です。AmericaS…

小型衛星打上げ市場は存在するか

SpaceNews(5/25) 4月にSpaceNews誌に掲載された記事の再掲載

スタートアップ企業の資金調達状況

SpaceNews(8/28) 2012年以来$2.16Bを調達してきた。ただし、そのほとんどは、SpaceX社がGoogleから調達した$1Bと、OneWeb社が調達した$500Mが占めている。

SpaceX社のロケット改良の歴史

ParabolicArc(7/7) Falcon 9 v1.0からv1.1の流れ、そして、v1.2の概要。現行のv1.1は2014年から加圧用ヘリウム気蓄器を内作に切り替えており、その後、ヘリウム漏洩による打上げ延期が2回発生している。今回の失敗がこれに関連するかは不明。v1.2では1段エン…

GSLV開発の簡単な歴史

The Space Review(5/26) コメント 新しい情報はありませんが、簡潔にまとまっているのでご紹介

サブオービタル機の開発状況−Blue Origin, XCOR, Masten, Exos (旧Armadillo)

The Space Review (5/11) コメント 現状がコンパクトに纏められています

OrionとDragon v2の比較

The Space Review(5/4) Considering the billions already spent on Orion and what is projected to be spent in the future (an estimated total of $16.5 billion) versus the small fraction of that amount ($2.6 billion in the latest NASA commercia…

インドの宇宙開発の現状と課題

The Space Review(5/4) there are several key challenges to the current administrators of the space program. They include the commercialization of the launch systems given the strong track record of the Polar Satellite Launch Vehicle (PSLV),…