米上院,NSSLを迂回して民間企業と打ち上げ契約を締結する政府機関の行為をNSSLの規模の経済を損なう行為として批判

SpaceNews(11/10)

NASA,Crew Dragonを正式に運用可能と認定

Spaceflightnow(11/10)

Raytheon社,小型衛星のBlue Canyon Technologies社を買収

SpaceNews(11/10)

Virgin Orbit社CEO,小型ロケット業界の安定にはアンカーカスタマーとしての政府発注が必要と発言

SpaceNews(11/10) Euroconsult’s World Satellite Business Week Virtual Edition conferenceにて。

宇宙保険業界,2年続いた赤字の後今年は黒字を確保できる見通し

SpaceNews(11/10) 失敗確率の減少により下がり続けていた保険料率は昨年から上昇に転じ、今は2012年~2014年のレベルに到達。ただし、宇宙保険業界の引き受け力自体が弱っており、保険が確保できずに打ち上げを延期したミッションもあるとULA CEOは語った。

大手打上げサービス業者,小型ロケット市場は2~3機種程度の規模しかないとの見解

SpaceNews(11/10) コメント 毎年あちこちのカンファレンスで同じコメントがされていますが新規参入企業は(正確には、新規参入しようとしている企業は)それほど減っていない気がします。人知れず消えていっている企業はあると思いますが。

iSpace社,米国オフィスをDenver,COに開設

SpaceNews(11/10) 大型ランダーの開発と米国政府市場へのアクセスを担う。

SpaceX社President,米宇宙軍がNSSL Phase 2の2022年度の打上げに$316M払っている理由を説明

SpaceNews(11/9) 国防ミッション用のインフラ整備費が含まれるとのこと。例えば,フェアリング延長,VAFBの射点アップグレード,NRO要求に基づく縦置き状態での衛星結合設備など。計画されているインフラ整備が今回の契約にすべて含まれるわけではなく,将来のPh…

インド,PSLV-DLロケットで地球観測衛星を打ち上げ

SpaceNews(11/7)

中国の小型ロケットスタートアップGalactic Energy社,Ceres-1ロケットによる小型衛星の打ち上げに成功

SpaceNews(11/7)

National TeamのLunar Landerのうち輸送船部分の検討状況(NGC社インタビュー)

NASA Spaceflight(11/6) National Teamの役割分担は以下: Transfer Element - Northrop Grumman Descent Element - Blue Origin Ascent Element - Lockheed Martin Descent Software and Flight Avionics - Draper Transfer Elementは、ロケット切り離し後、…

中国,長征6ロケットで小型衛星を打ち上げ

Spaceflightnow(11/6)

仏電気推進スタートアップのThrustMe社,軌道上実証用Cubesatを長征6ロケットで打上げ

SpaceNews(11/6) “It is a historic launch because it’s the first iodine electric propulsion systems that will be tested in space,” ThrustMe CEO Ane Aanesland told SpaceNews.

中国の次世代ロケット技術開発の状況

SpaceNews(11/6) 垂直着陸型ロケット(長征8バリエーション)や飛行制御へのオンボード自律判断機能追加(長征2Cで試験予定)など。

Virgin Galactic社,来年1Qにかけて3回の飛行試験シリーズを実施後,2021年中に商用運用を開始予定

SpaceNews(11/5) 11月下旬にパイロット2人が搭乗する1回目、来年1Qに4人の従業員がキャビンに乗る2回目、来年1Q末にCEOのRichard Bransonが乗客として乗る3回目を実施予定。

NGA,PlanetとBlackSkyを政府機関が使う衛星画像ライブラリに追加

SpaceNews(11/5) Global Enhanced Geoint Delivery (G-EGD)システム上でDODをはじめとする政府機関に提供される。

SpaceX社,Falcon 9ロケットで米宇宙軍のGPS3衛星を打ち上げ

SpaceNews(11/5) 10/2の打上げ中止の原因に対する対策として一部エンジンを交換。1段ステージも回収。

Rocket Lab社,11/15に計画されているElectronロケット打ち上げで1段機体の回収にトライすると発表

SpaceNews(11/5)

ISECG, Global Exploration Roadmapの改訂版を8月に発表.概ねArtemis計画をなぞったもの

SpaceNews(11/5) The document offers what the group called a “a shared international vision for human and robotic space exploration,” although one that is not binding on member agencies.本文は以下のサイト: https://www.globalspaceexploration…

米政府,政府機関の間での軌道上サービス技術の横通しを目的とした取り組みを開始

SpaceNews(11/3) The On-Orbit Servicing, Assembly and Manufacturing (OSAM) National Initiative is intended to exchange information and establish partnerships among government agencies, and with industry and academia, on the use of such tech…

AFRL,衛星用の展開機構を試験するための試験設備を開設

SpaceNews(11/3) Deployable structures Laboratory

ESA,ドイツの小型ロケットスタートアップと合計1.5Mユーロの契約を締結

SpaceNews(11/3) HyImpulse Technologies, Rocket Factory Augsburg, and Isar Aerospaceの合計3社。

Vector社,新たなオーナーの元で事業を再開

SpaceNews(11/3) 前回の失敗の原因のひとつは世界で使われていない推進薬(プロピレン/LOX)を使ったことにあるとして、今回はLOX/RP-1を採用予定。基本的にはVector-Rロケットを踏襲して設計するが、一部の機体構造は複合材からAL合金に変更する可能性がある…

祝 20周年

10月に宇宙ニュースの小部屋は20周年を迎えました!もともとは自分の業務の参考にするための備忘録として始めたのですが、20年の間には業務内容も変わり、今では、ニュースを書くことで1週間に1回この分野の最新情報を取得する手段になっていたりします。ま…

NASA, SLS用MLの射点システムとの組み合わせ試験を完了

NASA Spaceflight(10/31)

ESA, Artemis計画への参加に関するNASAとのMOUを締結

SpaceNews(10/30) ESAは居住モジュール(I-Hab)、通信補給部(European System Providing Refueling, Infrastructure and Telecommunications (ESPRIT)), Orion SM追加2基、を提供。

中国,有人月探査アーキテクチャを検討中

SpaceNews(10/30)

Virgin Orbit社,豪州コンステ会社のSky and Space Global社に出資

SpaceNews(10/30) 14.7%以上を保有。SAS社は2017年に3機の衛星を打ち上げて以降資金調達に苦心しており、今年4月にファンドレイズに失敗した後、組織改革中。資金提供で会社を立て直すとともに打上げをVirgin Orbit社のロケットで行う構想。

NASA, OSIRIS-RExのサンプルを帰還カプセルに収納完了

SpaceNews(10/30)

Telesat社, LEOコンステの業者選定結果を年末までに発表予定

SpaceNews(10/29) 開発資金は、既存事業からのキャッシュフローとCバンド帯域明渡しに伴う米国政府からの補助金を使用予定。