NASA,Artemis計画での国際協力での協定内容を発表

SpaceNews(5/15) 既存のIGAの枠組みで実施されるGatewayを除くArtemis計画に参加を希望する国との協定で、米国と各国の二国間協定。OSTをベースとする行動規範を定める他、資源活用についても定めている。

中国通信衛星業界,衛星インターネット回線が政府の新インフラに指定されたことから活況を期待

SpaceNews(5/15)

USAF,軍用衛星へのハッキングコンテストを開幕

SpaceNews(5/14) Space Security Challenge 2020。脆弱性の事前確認が目的。第1段階では地上にある衛星電気回路へのハッキングを試行し、成功した人は軌道上の小型衛星内に仕込んだソフトウェアコード(flags)の入手を目指す。最も多くのflagsを入手した3チー…

SLS初号機打上げは2021年末の見通し

SpaceNews(5/14) NASAがAdvisory Councel会議で報告。コロナウィルスによるStennis試験場の閉鎖が影響。最初の燃焼試験は11月末ごろになる見通し。

NASA,Gateway及びArtemisの打ち上げ計画見直し案を報告

SpaceNews(5/14) PPEとHALOを同じロケットで打ち上げて2024年後半に月周回軌道に投入。ただしArtemis 3はGatewayを利用せずに直接月着陸を行う。

Maxar社,複数のGEO通信衛星の契約を受注

SpaceNews(5/13) 顧客は非開示でSSL 1300型の規模。数百億円規模で、米国でのCバンド明渡しに関わる代替衛星と見られており、業界では、IntelsatかSESが発注したものと推測されている。

Planet社,次の6機のSkySat衛星をStarlinkと相乗りしてFalcon 9ロケット2機で打上げ

SpaceNews(5/13)

Capella Space社,米海軍にSAR画像を提供

SpaceNews(5/13)

OHB社とIAI社,商業月着陸ミッションを2022年末に計画

SpaceNews(5/13)

NASA,Soyuzの座席1席を$90Mで追加購入

SpaceNews(5/12)

Richard Branson氏,所有するVirgin Galactic株の一部を売却

SpaceNews(5/12) Virginグループのコロナウィルス影響対策に使う現金を確保するため。全発行株式の22%に相当する2500万株を売りに出す予定。

NASA,Crew Dragon DM-2のISS滞在期間はDragon太陽電池の軌道上劣化度合いを確認してから設定予定

Spaceflightnow(5/12) 最短1ヶ月、最長4ヶ月。

Rocket Lab社CEO,小型ロケット業界の淘汰が近いと予測

SpaceNews(5/11) コロナウィルスの影響で1年~1年半は新規資金調達は難しくなる上に、市場は2社程度の規模しかない、との見立て。最近のQuilty Analytics社も市場は2社分の規模しかないと指摘している。

DARPA,Blackjackコンステレーションの打上げを2020年末から開始予定

SpaceNews(5/11) 合計20機を2022年にかけて打ち上げて、衛星間光通信を利用したLEO通信システムを検証予定。

中国の長征5Bロケットのコアステージ、一部部品が地上に落下

Spaceflightnow(5/11) 一部燃え尽きなかった部品がコートジボワールに落下して家屋に損傷を与えた模様(Seradata(5/13))。NASA長官はコアステージを制御せずに再突入させたことを「非常に危険」と批判(SpaceNews(5/15))。

中国,Kuaizhou-1AロケットでIoT用Zingyunコンステ衛星2機を打上げ

NASA Spaceflight(5/11) 衛星質量は93kgでLバンド通信機とレーザ衛星間通信機を搭載。

長征5Bロケットのコアステージ,今月前半に地上に落下予定

Spaceflightnow(5/9) コメント 最近の西側諸国の低軌道打上げでは衛星分離後に上段ステージを制御再突入させるのが標準となっているが、長征5Bは上段ステージを搭載しない形態のため低軌道にコアステージが残っている。

中国,新型宇宙船試験機の着陸に成功

SpaceNews(5/8) Spaceflightnow(5/8) 遠地点を8000kmまで上げて高速再突入を模擬。

VOX Space社, LauncherOneをGuamのAndersen空軍基地から飛行させる許可をUSAFから取得

SpaceNews(5/7)

Aerojet Rocketdyne社,SLS用RS-25エンジンを年間4基製造できる体制を構築中

NASA Spaceflight(5/7) 2029年末までに24基のエンジンを納める契約をNASAと締結。2015年に契約した6基分のエンジン製造再開契約とあわせて$3.5B以上。年間4基製造できるようにCanoga Parkの工場も拡張する。

米National Space Council,FCCの新デブリ規制案を協議中

SpaceNews(5/7)

SpaceX社,Starship SN4の短秒時燃焼試験を実施

Spaceflightnow(5/6)

中国が長征5Bで打ち上げた貨物回収カプセル試験機は再突入時にトラブル

Spaceflightnow(5/6) 中国の宇宙ステーションからの試料回収に使うカプセルの試験機。インフレータブルヒートシールドを採用。

NASA,Gatewayの最初の2つのモジュール(PPEとHALO)をFalcon Heavyで同時に打ち上げることを検討中

Spaceflightnow(5/6)

Amergint Technology社, Tethers Unlimited社を買収

SpaceNews(5/6) Amergint Technology社は衛星関連地上システムの会社。Tethers Unlimited社はこれまで水推進システム、小型衛星用の再プログラム可能な通信機器、ロボティックアームなどを開発してきた。AT社は今後宇宙から地上までのEnd-to-endソリューショ…

Firefly社,AS9100品質認証を取得

NASA Spaceflight(5/6)

Intelsat社,借入金の利息支払いを実施せず。経営破綻申請の可能性

SpaceNews(5/5) 同社は4/15期限の$125Mの利息支払いを行わなかった。30日以内に支払わないと経営破綻となる。同社株主のCyrus CapitalはCバンドを明け渡すことでFCCからもらえる予定の$4.86Bへの影響があるとして、支払い能力はあるのだから迅速に返済するよ…

日本のInfostellar社,$3.5Mの資金調達を完了するもコロナウィルス対応として追加$1.2Mを募集中

SpaceNews(5/4) Infostellar社は世界の地上局の空き時間をコーディネートして小型衛星用に提供するサービス会社。2018年からサービスを開始しており、13局とパートナーを結んでいる。応募したのは既存株主のAirbus VentuersとSony Innovation Fundに加え、新…

NASA,有人月面着陸機担当3社を選定

SpaceNews(4/30) Spaceflightnow(5/1) 選定されたのは以下3社(グループ)で契約はPDRまでをカバーする。 Blue Origin($579M)(Prime & Descent stage) aka "National team" with Draper (Avio/GNC), Lockheed Martin (Ascent stage based on Orion Crew capsul…

SpaceShipTwo,Spaceport Americaからの初試験飛行を実施

SpaceNews(5/1) ロケットエンジンは使用せずに母機から落下させて滑空して帰還。