Arianespace社、年次報告書でAriane 5のデュアルロンチは市場の現状にあっていないとの認識を表明

SpaceNews(7/8)
通信衛星市場は二極化しており、そのうちメインストリームの大型衛星は6ton以上になる傾向があるため。競争相手のProtonは継続的な能力向上により6.4tonを超える能力をもってきていることから、Arianespace社はデュアルロンチの相手方として3.2ton程度の衛星を探す必要があるものの、このサイズの市場は縮小傾向にあると評価しており、ビジネスモデルの危機と認識している。

コメント

ILS社はProtonは2013年には打上げ能力を現在の6150kgから6300kgに向上させる計画としています(参考記事。いずれも静止化ΔV 1500m/sでの数値)