宇宙政策員会の宇宙輸送システム部会,再使用型小型実験機の開発に向けた着手を提言

宇宙政策委員会Web(12/20)
「宇宙輸送システム長期ビジョン素案(ドラフト)」の中で、2040〜50年の輸送系をターゲットに、低軌道領域での再使用型輸送機の活用を想定し、「2010年代中にJAXAを中心としてロケット型とエアブリージング型の小型実験機の開発に向けた検討を開始すべき」としている。

コメント

原文のままです。報道では「開発を検討すべき」と出ていますが、「2010年代中に開発に向けた検討を開始すべき」なので、当面は研究フェーズを想定しているものと思われます。