NASA監察官,CLPSプログラムのリスク管理を批判

SpaceNews(9/21)
監査レポート。Orbit Beyondの契約キャンセルは、NASAの契約相手選定時のデューディリジェンスがFAR規定に従って実施されていないことを示したものと指摘。Orbit Beyondの契約破棄は、レポートによれば、Team Indus用に開発した着陸機のIPを持つインドのAxiom社がIPを提供する条件としてOrbit Beyond社の支配権を取る組織変更を求めていたが、NASAの要求でCLPS契約を締結するには米国企業が過半を保持している必要があることから契約を継続できなくなったとのこと。
また、CLPSでは契約企業にS&MAプランの提出を要求していないことも批判。