ロケット

SLS後続号機の製造状況

NASA Spaceflight(7/19)

Rocket Lab社,5月のElectronロケット失敗の原因を2段エンジン点火器システムの特定条件下で発生する故障モードと特定。是正対策を設定して飛行再開準備中

SpaceNews(7/19)

中国,再使用ロケットの開発に向けたサブオービタル試験飛行を実施

SpaceNews(7/16)

SpaceX社,新たな着陸船A Shortfall of Gravitasを就航

Spaceflightnow(7/15) NASA Spaceflight(7/16)

SLSの科学ミッションへの適用可能性に関する状況-製造能力制約から2020年代末以降になる見通し

SpaceNews(7/8)

IST社,MOMO 7号機打ち上げに成功

マイナビニュース(7/3)

Virgin Orbit社,運用2号機での小型衛星打ち上げに成功

SpaceNews(6/30) 2機連続での成功

Falcon 9,打ち上げ11秒前に航空機が制限空域に入ってきて打上げ中止

SpaceNews(6/29)

SpaceX社,Starshipの軌道打上げを7月中をターゲットに設定

SpaceNews(6/26)

ULA社,当面新型RL10-C-1-1エンジンの使用を中断すると発表

SpaceNews(6/23) 5/18の初フライトでの振動問題の原因究明のため。新規開発されたカーボン製のノズルが23Hzで振動。剛性をあげる必要があるか検討中。

SpaceX社,安全保障関連衛星を初めて再使用Falcon 9で打上げ

Spaceflightnow(6/17) 一度GPS衛星打ち上げに使った1段機体を再びGPS衛星打ち上げに利用。

NGC社,Pegasus XLロケットの打ち上げを実施。Responsive Space Cababilityを実証

Spaceflightnow(6/13) ミッション決定から11カ月で衛星を完成させて打上げ。ロケットはStratolaunch用に製造中であった2機のうちの1機。Pegasusの45号機。前回の打上げは2019年で2年ぶり、西海岸から打ち上げられたのは2013年で8年ぶり。

中国,長征2Dロケットで地球観測衛星を打上げ

NASA Spaceflight(6/11)

ULA,Atlas 5の新型上段エンジンの振動問題で打上げを延期

SpaceNews(6/10) 6/23に新型のRL10C-1-1を使ったAtlas V初号機が打ち上げられたが、新型の炭素繊維製エンジンノズルで振動が確認されて分析中。

Relativity社,Ser Eで$650mを調達。LEO 20ton級の再使用型Terran Rロケットを発表

SpaceNews(6/8) Spaceflightnow(6/8)

SpaceX社,Falcon 9ロケットでSiriusXM社のSXM-8衛星を打上げ

SpaceNews(6/6) 昨年12月にFalcon 9で打ち上げられた後で軌道上不具合を発生したSXM-7衛星の同型機。同社はSXM-7の保険適用を申請するとともに代替機のRFPも発出。

IST社,MOMO7号機用改良ロケットMOMO v1の開発状況を説明

マイナビニュース(6/4)

SpaceX社,Falcon 9ロケットでDragon Cargoカプセルを打上げ

SpaceNews(6/3)

中国,長征3BロケットでFengyun-4B気象衛星を打上げ

SpaceNews(6/3)

Rocket Lab社,Electronロケット失敗の原因究明を継続中

SpaceNews(6/2)

SpaceX社のSuper Heavyブースタ打ち上げに向けた準備状況

NASA Spaceflight(5/30)

Arianespace社,SoyuzロケットでOneWeb衛星を打上げ。衛星機数は200機を超過

SpaceNews(5/28)

SpaceX社,Falcon 9ロケットでStarlink衛星を打上げ。フェアリング片殻は初めての5回目の使用

SpaceNews(5/26)

ABL Space Systems社,2021年に小型ロケット打ち上げ予定

NASA Spaceflight(5/21) もとSpaceX社のHarry O'Hanley氏がCEO。現在ステージ燃焼試験を実施中でVSFBから打ち上げ予定。

米宇宙軍,2022年にVulcanで打ち上げ予定だったミッションのロケットをAtlas Vに変更することを了承

SpaceNews(5/20) Vulcan開発遅れに伴うもの。

NASA,SLSコアステージの断熱材を補修中

NASA Spaceflight(5/20) ステージ燃焼試験(Green Run)の後処置。

中国,長征4BロケットでHaiyang 2D海洋観測衛星を打上げ

Spaceflightnow(5/19)

ULA社,Atlas 5ロケットで早期警戒衛星SBIRS GEO-5を打上げ

SpaceNews(5/18) Centaurステージに初めてRL10 C-1-1エンジンを利用。AM製造噴射器を採用しており、Vulcan/Centaurの上段ステージにも適用される。

Rocket Lab社,Electronロケットの打上げに失敗。2段エンジン着火時にエンジンに不具合が発生して制御システムが燃焼停止指令

SpaceNews(5/18) Spaceflightnow(5/15) ペイロードはBlackSky社の衛星2機

SpaceX社,Falcon 9ロケットでStarlink衛星を打上げ

SpaceNews(5/15) 17日間で4回目のStarlink衛星打上げ