USAF,次の5年間の軍用衛星打上げ輸送サービス業者にULAとSpaceXを選定

SpaceNews(8/7)
2022年から2027年の打上げ契約。Blue OriginとNGCとの競争だったが、現行2社が受注。ULAが$337M、SpaceXが$316M。
なお、別記事によれば、Blue OriginはNew Glennロケットの開発を継続する意向を表明、NGCはOmegAは非常に少ない機数でも事業として成立するとしていたが政府ミッションなしでも継続するかは不透明。

SES社,O3b mPower衛星をBoeingに4機追加発注

SpaceNews(8/7)
2017年に7機契約したが、4機追加して11機のコンステレーションとするもの。SESでは4機の必要費用は480Mユーロと試算。O3b mPowerでは軍関係ユーザを重視しており、既存のO3b及び米軍通信衛星との互換性を確保するように設計。

MarCOミッションのチャレンジ

SpaceNews(8/5)
2018年に火星探査機に同行して火星遷移軌道に投入されたCubeSatのMars Cube Oneの経験談。搭載機器は専用品が作られており、推進薬タンクはVacco社が、姿勢制御系はBlue Canyonが、フライトコンピュータはAstroDev社とミシガン大学が担当。