OneWeb社, Chapter 11を申請

SpaceNews(3/27)
最大出資者のソフトバンクが追加出資を断りChapter 11を申請。これに先立ち531人の従業員の85%を解雇。OneWeb社は計画中の648機の衛星のうち74機を打上げ済。
同社の株主は、Softbank (37.41%), Qualcomm (15.93%), 1110 Ventures (11.94%), Airbus (8.5%)で、最大債権者はArianepsace社の$238M、借入金は$1.7B。

SpaceX社,NASAからLunar Gateway商業補給ミッションを受注

SpaceNews(3/27) NASA Spaceflight(3/27)
Falcon Heavyロケットで新型のDragon XLカプセルを利用して輸送予定。Dragon XLは従来のコーン型ではなくシリンダー型が検討されている。なお、輸送サービス担当社は同社以外にも選定される見通しで、NASAは各社最低2ミッション、総計$7Bの契約を計画している。

ALE社,人工衛星運用終了後のデブリ拡散防止装置の事業化に向けたJAXA J-SPARC事業協同実証を開始

ALEプレスリリース(3/25)
カーボンナノチューブと導電性テザーを使った衛星の運用終了後軌道変更装置を開発し、Cubesatで実証予定。導電性テザーとCNT電子源の地上モデル製作はJAXAが、その後の装置開発及び搭載衛星の開発・打上げ・運用(経産省のSERVIS事業として実施)はALE社が担当。

Rocket Lab社,COVID-19の影響でニュージーランドでの打上げ・製造作業を休止

SpaceNews(3/24)
ニュージーランド政府の自宅待機命令による。同国の命令は他国の類似命令と異なり、重要インフラ関連産業を除外対象としていない。

Astra社,打上前準備で機体を損傷

SpaceNews(3/24) Spaceflightnow(3/24)
DARPA Launch Challengeで打ち上げる予定だったロケット。日程を再設定して打上げ準備を行っていたが、リハーサル中にトラブルが発生して機体を損傷。詳細は未発表。

Aerojet Rocketdyne社,NextSTEP2契約作業で2024年ターゲットの月着陸機は新規技術採用を極力減らすべきと提言

SpaceNews(3/23)
極低温推進薬の採用をやめて常温推進薬とし、着陸機と離陸機を一体でSLSで打ち上げて別に打ち上げたクルーとNRHOでドッキングさせることでミッションクリティカルなイベントを最小化することを提案。

米国防総省,COVID-19による防衛産業のキャッシュフローを支えるためProgress paymentの比率を増やすように契約担当官に指示

SpaceNews(3/22)
通常は計上費用の80%を毎月支払っているが、これを、大企業は90%、中小企業は95%の支払いに変更。