有人宇宙

Virgin Galactic社,SpaceShipTwoの商業飛行を2021年に延期

SpaceNews(8/3) 商用飛行前に試験飛行を2回実施予定。

SpaceX社,Crew Dragon DM-2の地球帰還に成功

SpaceNews(8/2)

NASA安全審査委員, Boeing社の品質保証に懸念を表明

SpaceNews(7/23) the panel continues to be concerned about quality control problems that seemingly have plagued the Boeing commercial crew program

NASA,Crew Dragonの地球帰還を8月初旬に設定

SpaceNews(7/17) 暫定設定日は8/1 ISS離脱、8/2着水。

NASA, Boeing CST-100の試験飛行結果の評価を終了

SpaceNews(7/7) 合計80件の指摘事項をリストアップ。個別指摘は開示されていないが、分野は、試験・シミュレーション、ソフトウェアへの要求事項、運用改善、ソフトウェア更新、ハードウェア改善、の5分野。 NASAによるソフトウェア開発のレビューに関しては…

NASA,DM-2用のCrew DragonとFalcon 9ブースタを再利用するミッションを来年実施予定

Spacenews(6/16) 当初はNASA向けには新品を使用予定だったが計画変更。再使用前に再認定審査を実施する。

Crew Dragonの乗り心地

Spaceflightnow(6/12)

NASA,Crew Dragon DM-2を8月までISSに係留可能と評価

SpaceNews(6/9)

民間有人飛行時代の米軍によるアボートレスキュー業務

SpaceNews(6/1) CrewDragonの場合、ノミナル帰還であればSpaceX社が回収するが、異常発生時の救助は米軍が実施。民間人が搭乗するようになった場合にアボート救助対応をどうするのかは未決定。

Crew Dragon Endeavour, ISSとドッキング

SpaceNews(5/31)

SpaceX社, Falcon 9ロケットでCrew Dragon有人試験飛行(DM-2)を打ち上げ

SpaceNews(5/30) NASA Spaceflight(5/30) Spaceflightnow(Live update) 1段ステージの回収にも成功。飛行士はDoug HurleyとBob Behnken。DM-2のCrew Dragon宇宙船は"Endeavour"と命名された。その他記事 ・The Story of Doug Hurley, Bob Behnken, Columbia,…

Crew DragonのLOCは1/270の要求を満足

SpaceNews(5/27)

Crew Dragonの最後まで残った課題(パラシュートとSuper Dracoスラスタ)の解説

SpaceNews(5/24)

SpaceX社, Crew Dragon DM-2機体をロケットと結合・起立

Spaceflightnow(5/21) Spaceflightnow(5/21) Spaceflightnow(5/16) コメント ハンガーの写真を見るとDM-2を含めて4本の機体(うち2本は回収した1段)が詰まっています。

Crew Dragonのアボートモード一覧

NASA Spaceflight(5/21) Stage 1a (00:00~) 緊急離脱でFL/NC沖に着水 Stage 1b (01:15~) 緊急離脱でVA沖に着水 Stage 2a (02:32(1段燃焼終了)~) 2段離脱後加速マヌーバを行って北大西洋の目標点に着水 Stage 2b (08:05~) 2段離脱後減速マヌーバを行って…

NASA,Soyuzの座席1席を$90Mで追加購入

SpaceNews(5/12)

NASA,Crew Dragon DM-2のISS滞在期間はDragon太陽電池の軌道上劣化度合いを確認してから設定予定

Spaceflightnow(5/12) 最短1ヶ月、最長4ヶ月。

中国,新型宇宙船試験機の着陸に成功

SpaceNews(5/8) Spaceflightnow(5/8) 遠地点を8000kmまで上げて高速再突入を模擬。

NASA,有人月面着陸機担当3社を選定

SpaceNews(4/30) Spaceflightnow(5/1) 選定されたのは以下3社(グループ)で契約はPDRまでをカバーする。 Blue Origin($579M)(Prime & Descent stage) aka "National team" with Draper (Avio/GNC), Lockheed Martin (Ascent stage based on Orion Crew capsul…

SpaceShipTwo,Spaceport Americaからの初試験飛行を実施

SpaceNews(5/1) ロケットエンジンは使用せずに母機から落下させて滑空して帰還。

NASA/SpaceX,CrewDragon有人試験飛行に向けて最終準備中。最後のパラシュート試験を完了

SpaceNews(5/1)

NASA,Crew Dragonの有人デモ飛行を5/27に設定

SpaceNews(4/17)

Boeing社,CST-100 Starlinerの2号機を自社費用で無人試験機として飛行させることを決定したと発表

SpaceNews(4/6) 既に1月に$410Mを引当金計上済。

NASA,Crew Dragonの運用ミッションの宇宙飛行士を決定

SpaceNews(3/31) 既に決定していたMike Hopkins氏とVic Glover氏に加えて、Shannon Walker氏, Soichi Noguchi氏(野口宇宙飛行士)を追加で選定。

SpaceX社,Crew Dragonのパラシュート試験のセットアップ不良で供試体を破棄

SpaceNews(3/24) ヘリコプターからの落下試験場所への移動中に供試体が不安定となり、安全確保のため緊急分離したもの。

Aerojet Rocketdyne社,NextSTEP2契約作業で2024年ターゲットの月着陸機は新規技術採用を極力減らすべきと提言

SpaceNews(3/23) 極低温推進薬の採用をやめて常温推進薬とし、着陸機と離陸機を一体でSLSで打ち上げて別に打ち上げたクルーとNRHOでドッキングさせることでミッションクリティカルなイベントを最小化することを提案。

NASA,Crew Dragonの有人試験飛行を5月後半に実施予定

SpaceNews(3/19)

Orion初号機,Plum Brookでの環境試験を完了

SpaceNews(3/15) 熱真空試験と電磁適合性試験を実施。

Boeing社,CST-100のソフトウェア検証をより徹底すると説明

SpaceNews(2/28) Spaceflightnow(2/28) NASA Spaceflight(2/28) 軌道投入燃焼のタイミングエラーは飛行シミュレーションを打上げフェーズと軌道上飛行フェーズに分割して実施したため検出されず、RCS用バルブアサインミスはサービスモジュール分離前後でアサ…

NASA,Crew Dragon有人試験機のミッション期間延長を準備中

SpaceNews(2/24) 現在3人体制になっているISSクルーを一時的に増員するため。