業界

Intelsat社のChapter 11申請が三井物産/山佐によるSpaceflight Inc.買収に影響する可能性

SpaceNews(5/29) 三井物産は買収に先立って親会社のSpaceflight Industriesに$26Mを貸し付けており、同時にIntelsat社は$50Mを貸し付けており、それぞれが親会社の事業(三井物産は相乗り打上げのSpaceflight Inc.事業、IntelsatはリモセンのBlacksSky事業)を…

SES社,36機の衛星によるLEOコンステ構想をFCCに説明。また、O3bへの34機の衛星追加の申請内容を説明。

SpaceNews(5/29) FCCの将来計画のヒアリングへの対応。SESの他に、OneWeb(48000機), Viasat(300機), EOS Defense Systems, Kepler Communications, Telesat, SpaceX, Mangata Networks, New Spectrum Satelliteが回答。

豪州EOS社,Audacy社を買収

SpaceNews(5/28) Audacy社はシリコンバレーのスタートアップでMEOデータ中継衛星の構築を検討していた。EOS社は$800Mを投じて同計画を推進する。

Viasat社,288機の衛星によるLEOコンステをFCCに申請

SpaceNews(5/28) 高度1300kmのKa/Vバンド高速通信。

米陸軍,Starlinkを主に信頼性と脆弱性の観点で評価を開始

SpaceNews(5/27)

OneWeb社,衛星数を48,000機に増やす構想をFCCに提出

OneWeb社プレスリリース(5/27)

衛星搭載Link 16用アンテナの開発が完了

SpaceNews(5/26) 衛星搭載Link 16システム(Lバンド)の実証機はViasat社がAFRLから受注し、12UのCubesat衛星はBlue Canyon社に、アンテナはRoccor社に、それぞれ発注。

米陸軍,SpaceX社とStarlink利用契約を締結

SpaceNews(5/26)

イタリアD-Orbit社,Cubesat輸送サービス事業を間もなく開始

SpaceNews(5/21) 6月にVegaで,12月にFalcon 9で打ち上げ。初代はION放出装置から同一軌道に12機のDove衛星を放出するが、次世代機では自分の推進装置を使って複数軌道への放出も実施する計画。

小型衛星のYork Space Systems社, 新工場をデンバーに開設

SpaceNews(5/19)

Relativity Space社,元SpaceX社幹部をロケット製造担当VPとして採用

SpaceNews(5/18)

Northrop Grumman社,次世代極軌道早期警戒衛星2機の開発を$2.3Bで受注

SpaceNews(5/18) 次世代静止軌道早期警戒衛星は2年前にLockheed Martin社が$3B以上で受注済。

Planet社VP,SpaceXの相乗りプログラムは小型衛星打上げ価格を押し下げていると語る

SpaceNews(5/18) SpaceXの公開価格は200kgまでは$1Mで以後$5k/kgで増加。このプログラムの発表後、他の小型ロケットにも価格押し下げ圧力が働いており、安い相乗りと高い専用打上げの間で、軌道変更可能なタグボートサービスが増えるだろう、と予測。

Intelsat社,Chapter 11を申請。5GへのCバンド明渡し投資に向け有利子負債の半減を狙う

SpaceNews(5/15) SpaceNews(5/14) 現在の負債は$15B。これを半減させることで、Cバンド明渡しのために必要な代替衛星への投資ができるようにする計画。同社は5GへのCバンド明渡しに伴う電波オークションで$4.86Bの収入を見込んでいる。

中国通信衛星業界,衛星インターネット回線が政府の新インフラに指定されたことから活況を期待

SpaceNews(5/15)

Maxar社,複数のGEO通信衛星の契約を受注

SpaceNews(5/13) 顧客は非開示でSSL 1300型の規模。数百億円規模で、米国でのCバンド明渡しに関わる代替衛星と見られており、業界では、IntelsatかSESが発注したものと推測されている。

Planet社,次の6機のSkySat衛星をStarlinkと相乗りしてFalcon 9ロケット2機で打上げ

SpaceNews(5/13)

Capella Space社,米海軍にSAR画像を提供

SpaceNews(5/13)

OHB社とIAI社,商業月着陸ミッションを2022年末に計画

SpaceNews(5/13)

Richard Branson氏,所有するVirgin Galactic株の一部を売却

SpaceNews(5/12) Virginグループのコロナウィルス影響対策に使う現金を確保するため。全発行株式の22%に相当する2500万株を売りに出す予定。

Rocket Lab社CEO,小型ロケット業界の淘汰が近いと予測

SpaceNews(5/11) コロナウィルスの影響で1年~1年半は新規資金調達は難しくなる上に、市場は2社程度の規模しかない、との見立て。最近のQuilty Analytics社も市場は2社分の規模しかないと指摘している。

VOX Space社, LauncherOneをGuamのAndersen空軍基地から飛行させる許可をUSAFから取得

SpaceNews(5/7)

Aerojet Rocketdyne社,SLS用RS-25エンジンを年間4基製造できる体制を構築中

NASA Spaceflight(5/7) 2029年末までに24基のエンジンを納める契約をNASAと締結。2015年に契約した6基分のエンジン製造再開契約とあわせて$3.5B以上。年間4基製造できるようにCanoga Parkの工場も拡張する。

Amergint Technology社, Tethers Unlimited社を買収

SpaceNews(5/6) Amergint Technology社は衛星関連地上システムの会社。Tethers Unlimited社はこれまで水推進システム、小型衛星用の再プログラム可能な通信機器、ロボティックアームなどを開発してきた。AT社は今後宇宙から地上までのEnd-to-endソリューショ…

Firefly社,AS9100品質認証を取得

NASA Spaceflight(5/6)

Intelsat社,借入金の利息支払いを実施せず。経営破綻申請の可能性

SpaceNews(5/5) 同社は4/15期限の$125Mの利息支払いを行わなかった。30日以内に支払わないと経営破綻となる。同社株主のCyrus CapitalはCバンドを明け渡すことでFCCからもらえる予定の$4.86Bへの影響があるとして、支払い能力はあるのだから迅速に返済するよ…

日本のInfostellar社,$3.5Mの資金調達を完了するもコロナウィルス対応として追加$1.2Mを募集中

SpaceNews(5/4) Infostellar社は世界の地上局の空き時間をコーディネートして小型衛星用に提供するサービス会社。2018年からサービスを開始しており、13局とパートナーを結んでいる。応募したのは既存株主のAirbus VentuersとSony Innovation Fundに加え、新…

Telesat社,同社のコンステ用衛星製造メーカを2020年半ばに選定予定

SpaceNews(5/1) 298機の衛星でインターネット接続を提供予定。Maxar, Thales Alenia Space, Airbusの3社が競合していたが、現在は2社から選定中とのこと。脱落した1社は不明。衛星質量は約800kg。

宇宙スタートアップ,政府のサービス購入による支援を期待

SpaceNews(4/30)

Northrop Grumman社,衛星サービスミッションの将来について強気だが慎重

SpaceNews(4/29)