業界

OneWeb社, Chapter 11を申請

SpaceNews(3/27) 最大出資者のソフトバンクが追加出資を断りChapter 11を申請。これに先立ち531人の従業員の85%を解雇。OneWeb社は計画中の648機の衛星のうち74機を打上げ済。 同社の株主は、Softbank (37.41%), Qualcomm (15.93%), 1110 Ventures (11.94%),…

SpaceX社,NASAからLunar Gateway商業補給ミッションを受注

SpaceNews(3/27) NASA Spaceflight(3/27) Falcon Heavyロケットで新型のDragon XLカプセルを利用して輸送予定。Dragon XLは従来のコーン型ではなくシリンダー型が検討されている。なお、輸送サービス担当社は同社以外にも選定される見通しで、NASAは各社最低…

ALE社,人工衛星運用終了後のデブリ拡散防止装置の事業化に向けたJAXA J-SPARC事業協同実証を開始

ALEプレスリリース(3/25) カーボンナノチューブと導電性テザーを使った衛星の運用終了後軌道変更装置を開発し、Cubesatで実証予定。導電性テザーとCNT電子源の地上モデル製作はJAXAが、その後の装置開発及び搭載衛星の開発・打上げ・運用(経産省のSERVIS事業…

MHI,COVID-19があるものの現状では2020年末のH3ロケット初号機打上げに向けて進捗中と説明

SpaceNews(3/25)

Rocket Lab社,COVID-19の影響でニュージーランドでの打上げ・製造作業を休止

SpaceNews(3/24) ニュージーランド政府の自宅待機命令による。同国の命令は他国の類似命令と異なり、重要インフラ関連産業を除外対象としていない。

Bigelow Aerospace社,全社員を一時解雇

SpaceNews(3/23) COVID-19対策のネバダ州の緊急命令で工場が閉鎖されたことに伴うもので、必須産業に認定されなかったとのこと。緊急命令が解除されれば再雇用予定としている。

OneWeb社,キャッシュ不足で破産申請を検討中の模様

Bloomberg(3/19)

Virgin Orbit社,LauncherOneロケット初号機打上げに向け準備中

SpaceNews(3/19) 現在の母機は旅客仕様のB747だが、将来的には貨物仕様の母機で別の拠点まで機材ごと輸送することも検討中。

気球打上げ小型ロケット開発のLeo Aerospace社,資金調達ができず活動休止

SpaceNews(3/16)

Rocket Lab社,衛星分野への進出に向け小型衛星コンポーネント会社Sinclair Interplanetary社を買収

SpaceNews(3/16)

IST社/JAXA燃焼器単体燃焼試験の様子

マイナビニュース(3/13)

衛星製造メーカトップの懸案事項

SpaceNews(3/13) サイバーセキュリティ、短期間製造、従業員の確保、顧客の安定性。

ULA社CEO,Vulcanロケットへの移行計画を発表

NASA Spaceflight(3/12) Deltaロケットは2023~24年に退役、Atlas Vは2022~24年に退役予定。Vulcanは2021年に初号機を打上げ、2023~24年までに現在のAtlas Vと同じ頻度で打ち上げ予定。

Aerojet Rocketdyne社,大型固体モータ製造用新工場をアーカンソー州に建設

SpaceNews(3/12)

ILS社,元ULA幹部を社長に招聘.Soyuzロケットも販売

SpaceNews(3/11) 現在Soyuzの商業打ち上げを行ってるGK Launch Services社との関係は調整中。

宇宙保険のAssure Space社,2020年初からLEO衛星への軌道上衝突リスクを含む保険引き受けを中止

SpaceNews(3/11) 低軌道のデブリリスクが高まっていることへの対応。静止軌道衛星や打上げへの保険は継続して引き受ける。

小型ロケット業界、価格競争にはならないと予測

SpaceNews(3/10) Satellite 2020でのRocket Lab, Virgin Orbitのパネルディスカッション。新興企業は超低価格を提示するけれど、それは事業の本質(Capital intensive heavy manufacturing business)を理解できていないから、とのコメント。

Aerojet Rocketdyne社,新たに製造したRS-25エンジンの認定試験用供試体を製造

NASA Spaceflight(3/10) SSMEの製造中止から10年以上経って初めての新規製造エンジン。SSMEの信頼性を維持しつつコストダウンのための設計変更を行い17の部品(群)を新規設計品に変更する計画。SSMEに順次組み込んで検証試験を実施している。既に、AM製造PSD,…

Elon Musk氏, Starlinkのスピンオフは行わないと表明

SpaceNews(3/9) Satellite 2020での講演。2月のBloomberg誌でShotwell社長の発言としてStarlinkのスピンオフを検討していると報道されたが、Musk氏は、Starlink事業はSpaceXの収入源として必要と発言。ブロードバンド市場規模は$30B程度と打ち上げ市場の$3B…

Momentus社,SpaceXの相乗り打上げを調達し自社製キックステージVigorideによる軌道遷移サービスを提供予定

SpaceNews(3/9) ペイロード搭載能力は350kgでロケット分離点から高度を300~1200km上昇させた場所に移送可能。

2019年の宇宙スタートアップの資金調達額は$5.7Bで、前年の$3.5Bから大幅増加

SpaceNews(3/9) 全調達金額の70%はSpaceX, Blue Origin, One Web, Virgin Galacticの4社で占める。 レポートはこちら:BRYCE Start-up Space Report 2020

Axiom Space社,SpaceX社とISSへのCrew Dragon打上げ契約を締結

SpaceNews(3/5) 民間人3人とAxiom社1人の合計4人が搭乗予定。Axiom社は1/27にNode 2へのドッキング権利をNASAから獲得している。今後、ISSへの飛行を年2回程度実施する計画で、2024年から26年にかけて3個の自社モジュールをISSに結合する。ISS運用停止時には…

Rocket Lab社,SAR衛星のCapella Spaceから打上げ契約を受注

SpaceNews(3/5)

Stratolaunch社,9月に飛行試験を再開

SpaceNews(3/4) FAAからの認証を得るため、今後8ヶ月程度、最低月1回は飛行する予定。その後は、新たな事業として設定された再使用型極超音速試験機サービスの母艦として利用する計画。

PredaSAR社,SARコンステ用に$25Mの資金調達

SpaceNews(3/3)

SpaceX社,Starshipプロトタイプの低温加圧試験でタンクが破裂

SpaceNews(3/1) LN2を充填して加圧する試験でタンク底部が破損し、上部が吹き飛ばされた。今回の供試体はStarship SN1。前回11月のMark 1も同様に加圧試験でタンク上部が破裂した。

Relativity Space社,本社をLong Beachに移動

SpaceNews(2/28) Rocket Lab社も1月に本社をHuntington BeachからLong Beachに移動すると発表している。

NGC社,OmegAロケット2段用モータの燃焼試験を実施

SpaceNews(2/27) 燃焼試験は2019年秋に予定されていたが、1段ステージの燃焼試験で発生したノズル損傷不適合への対応で遅れていた。

SpaceX社,東海岸からの打上げ頻度の大幅増加を提案中

SpaceNews(2/27) 東海岸からの打上げは2018年に15機、2019年に11機だったが、2020年は38機が計画されており、2023年までに合計70機を打上げ予定。また、東海岸からの極軌道打上げも計画されている。

NGC社,MEV-1軌道上サービス機のIntelsat衛星へのドッキング完了

SpaceNews(2/26) 墓場軌道にいるIntelsat-901のアポジモータのスロート部を利用してドッキング。今後、点検終了後に運用軌道に戻して運用再開し、5年間運用予定。また、今回のドッキングが順調だったことから、2号機のMEV-2は静止軌道上でのドッキングを検討…