NASA,有人月面着陸船開発業者にSpaceXを選定。契約額は$2.89B

SpaceNews(4/16) 契約範囲は開発とデモミッション。NASAは当初2社を選定する計画だったが、予算制約から1社だけの選定となった。競合2社(Bloue OriginとDynetics)より大幅に価格が安く、技術評価やマネジメント評価も他社を上回った。なお、価格は、SpaceXよ…

2021年第一四半期の宇宙企業への投資状況

SpaceNews(4/16) 3ヶ月で合計$4.5Bの投資が実行された。大型資金調達としては、SpaceXは2月に$850M,4月に$300Mを調達し、OneWebは1月に$400Mを調達。セクター別では、1Q期間に、ロケット関連が合計$1.1B、衛星関連が$0.9Bを調達。全体の77%をトップ10の企業…

中国,太陽圏を離脱する探査機2機を打ち上げる検討中

SpaceNews(4/16) 太陽圏のTailとHeadの方向にそれぞれ1機ずつ送り込む構想。中国の建国50周年である2049年までに100AUを飛行することを狙い、打ち上げ時期は2024年頃と見られる。探査機やミッションの詳細は検討中。

NASA,GatewayカーゴサービスのSpaceXとの契約を延期

SpaceNews(4/15) 業者選定から1年以上が経つが、Artemisプログラム全体の見直し中であることから、いまだ契約に至っていない。

カリフォルニア州とJPLとPlanet社のコンソーシアム,メタンと二酸化炭素の排出源を追跡するコンステレーション構想を発表

SpaceNews(4/15) Carbon Mapper計画の一部。2023年に2機の衛星を打上げて80%のメタン排出源と大きな二酸化炭素排出源を特定できる体勢とし、2025年には追加衛星を打上げて観測頻度を上げる計画。

フィンランドのSAR衛星会社Iceye,カリフォルニアに製造設備と研究開発拠点を設立

SpaceNews(4/15)

ispace社,UAEドバイ政府のMBRSCと月へのペイロード輸送契約を締結

マイナビニュース(4/14) 2022年のHAKUTO-R Mission 1に探査ローバRashidを搭載して月に輸送する。

SDA,コンステ用の次の150機(Tranche 1)は3社に分けて調達することを検討中

SpaceNews(4/14) 価格は、最初のTranche 0衛星の平均価格$14.1M/機より下がることを期待。

Blue Origin社,New Shepardの15回目の試験飛行を実施。有人飛行の手順を確認

SpaceNews(4/14) NASA Spaceflight(4/14)

SNC社,宇宙部門をSierra Space社としてスピンオフする計画

SpaceNews(4/14) SNCの宇宙部門の売上は現在$400Mだが、5~10年で$4Bに達する見通しであることから、航空・防衛部門と分社化することで成長を加速する計画。

韓国Korea Aerospace Industries社,宇宙事業拡大のために5年間で$880Mを投資すると発表

SpaceNews(4/13) KAI社は韓国政府が開発する衛星の製造を1999年から実施しており、中・大型衛星の東南アジアへの輸出を目論む。

DARPA,核熱推進デモプログラム(DRACO)の探査機開発にBlue Origin社とLockheed Martin社を選定

SpaceNews(4/12) 反応炉開発にGA社を選定したことに続く発表。2社に設計を競争させる。GAの反応炉/推進系の概念設計終了後に開始し、契約は概念設計部分。契約額はBOが2.5M、LMが2.9M。

NGC社,MEV-2サービス衛星を運用中のIntelsat社IS-10-02衛星とドッキング

SpaceNews(4/12) MEV-2は、5年間IS-10-02の推進システムとして機能した後に、分離して次のミッションに使用される予定。IS-10-02は2004年から運用しており推進薬の枯渇が近づいていた。NGC社はDARPAからMission Robotic Vehicle (MRV)の契約も受注しており、…

General Atomics社,DARPAから核熱推進技術のデモミッション用小型原子炉の設計を$22Mで受注

SpaceNews(4/10) 核熱推進技術(Nuclear Thermal Propulsion; 原子炉の発熱で熱した推進薬を噴出して進むシステム)のデモンストレーションプログラムであるDRACO (demonstration rocket for agile cislunar operations)。T/Wは化学推進並みで効率は2~5倍にで…

ニコン,AM部品製造メーカのMorf3Dに約$91Mを出資し支配権を獲得

SpaceNews(4/9) Boeingの衛星やヘリコプター向けにTi/Al製Additive Manufacturing部品を提供しており、Boeing Horizon X Venturesの出資を受けている。

中国,長征4BロケットでShiyan-6技術試験衛星を打上げ

NASA Spaceflight(4/9)

Orbcomm, PEファンドによる買収で非公開化する計画

SpaceNews(4/8)

Orbcomm, PEファンドによる買収で非公開化する計画

SpaceNews(4/8)

中国沿岸部のNingbo市とWenchang市,商用ロケット打ち上げ射場を建設する計画

SpaceNews(4/8)

ESA新長官Josef Aschbacher氏,EUとの関係改善を第一優先事項に掲げる

SpaceNews(4/8) EUは、LEOブロードバンドコンステレーション等の独自宇宙プログラムの設立や、独自の管理組織(European Union Space Program Agency)の設立に関心を示している。

ULA社CEO,新型上段ステージACESの実現に意欲

SpaceNews(4/7) Vulcanロケットの上段はCentaurの大型化版を使うことにして公式にはACESの開発は停止したとしているものの、現在でも長期間運用可能な極低温推進ステージには将来の可能性があると考えている、と述べた。

SpaceX社,Falcon 9ロケットでStarlink衛星を打上げ

SpaceNews(4/7) 1段ステージは3/11にStarlinkを打上げた機体で7回目の飛行。

Telesat社,LEOブロードバンドコンステLightspeedの資金調達を数カ月以内にクローズ予定

SpaceNews(4/7) Lightspeed事業費用は$5Bであり、60%を借入40%をエクイティでまかなう計画。

GEO衛星通信オペレータ会社,Starlinkとの競争戦略を検討中

SpaceNews(4/6) GEO衛星通信各社はLEOサービスとのハイブリッドモデルを推進することで極域をカバーできなかったり時間遅れが大きいというGEO衛星の欠点をカバーする構想。SESはO3bを使ったハイブリッドを提供済。HughesはOneWebとのパートナーシップを検討…

SpaceX社,Starship SN11の爆発の原因はメタン漏洩に起因した火災による電子機器損傷で着陸用エンジン着火がハードスタートになったことによるものと発表

SpaceNews(4/6)

Lockheed Martin社,ABL Space Systems社とRS1ロケットの纏め調達契約を締結

SpaceNews(4/5) 2025年までに26機,2026~29年に追加32機を調達する契約。ロケットの打ち上げ場所は限定していない。

JAXA,H3試験機1号機の極低温点検までの動画を公開

JAXA(4/2) https://www.youtube.com/watch?v=P3OUF4Ny1TA

Blue Origin社,New GlennのPathfinder射点試験に向けて射点設備の整備を継続中

NASA Spaceflight(4/2) 1段模擬機体を用いたPathfinder試験を今年中に実施予定。初号機は2022年4Q以降。

韓国KARI,KSLV-IIの1段ステージ燃焼試験を完了。初号機を10月に打上げ予定

マイナビニュース(4/2)

米SDAの調達方針は小型衛星メーカへの参入機会を提供

SpaceNews(4/2) SDAはコンステレーション全体を一社に発注するのではなく、バッチごとに入札する方式を採用しており、これにより、従来軍との取引に目を向けていなかった小型衛星メーカが参入機会と捉えるようになっている。記事中ではLeoStellaのケースを説…